本日の一品

金目鯛を1匹買ったらいろんな料理で満喫しよう!

皆さまこんちはー。

年末感薄い今日この頃。でも都内の渋滞は結構すごかったです。ともぞーです。

クリスマス感はほとんど感じませんが、年末に向けて経済は回っているようですね。

飲食店の需要が減って市場にもダメージがっていうニュースを見ますが、市場は平年通りの価格です。売れ残りで激安ということはありません。やっぱりニュースって話半分位が丁度いい。もちろん売り上げやばいところもあると思いますが、けっこう狭い範囲なんじゃない?って印象です。

金目鯛

今回仕入れた金目鯛はK2300円。釣り物などでは3000円を超える価格のものもあります。高級な魚になると思います。

美しすぎる金目です。

特に有名な産地は伊豆や銚子から勝浦くらいまでの外房方面。

魚体は出来るだけ真っ赤なものを選びましょう!白っぽいものは脂乗りが少ないものが多いようです。

深場に生息し、少ない光をより多く集めるための特殊な目が金色に見えることから金目鯛。

ナンヨウキンメという魚もいます。味は通常の金目鯛の方が上のようです。ちなみに銀メダイという魚もいますが、これは全く別の魚です。

金目鯛料理

煮ても焼いても刺身でも、なんでも美味しいと思います。

煮る

観光地の定番は、煮付けでしょう。1匹贅沢に出てくることが多いです。ただし価格もお高いですよね💦

焼く

西京味噌などに漬けて、焼いて食べるのも美味しいです。スーパーでたまに見かけますよね。

刺身

皮をひいたり、湯霜で皮をつけたまま刺身にします。これも本当に美味しい。

他にも沢山調理法があり、どれも美味しく食べることができますよ。

金目鯛の仕込み

金目鯛を丸々1匹買ったなら、一番注意してもらいたいのが鱗です。

キンメの鱗はそれはそれは硬いです。

刺身で口に入ろうものなら一気に食欲減退ですよ。

ビニール袋内でひたすら鱗を引きます。

細かい部分まで丁寧に鱗を引きましょう。

後は3枚におろせば大丈夫です。

肝は焼けば鳥レバーのように食べれます。

身の色が綺麗です。

ここまでできれば大丈夫です。

今回の金目料理

金目鯛を1匹買っても当然一度に食べ切ることはありません。

いろんな料理でちょっとずつ。そうすればたとえ1匹2000円ちょいしても、それほど割高感はなくなってくると思いますよ。

しゃぶしゃぶ

これも定番の一つだ。

キンメのアラと昆布で出汁をとります。

後はシャブシャブするだけ。

皮付きのまま薄めに切れば出来上がり。

刺身(湯引き)

金目鯛は皮が美味い。間違いない。皮を引かずに刺身を食べるのなら湯引きをしましょう。

皮目に熱湯をかけて、氷水にとって冷やすだけ。熱湯をかけるときは布巾やキッチンペーパーを1枚噛ませます。

皮が柔らかくなり非常に美味。

色が鮮やかでいいですよね♪

まとめ

金目鯛は価格的には高価ですが、ちびちび食べればそれほど家計の負担にならず、自宅でも高級商材がいただけます。

金目鯛は刺身でも煮ても焼いても美味しい魚です。

産地が伊豆、銚子などなら間違いなし。

真っ赤な魚体の金目と出会えたら、検討してください。白っぽいのは避けましょう。

旬はそれほどなく通年美味しい魚です。

1匹買ってぜひ自分で調理してみましょう。

それではまた明日ー!

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
ともぞー
千葉県在住。 趣味は釣り、お酒(日本酒)、やたら時間をかけて作る酒の肴。 でもご飯は手抜き。調味料大好き。 「今日より良い明日を」が今のところの目標です。