本日の一品

ハマグリの美味しい食べ方模索中です。

皆さまこんちはー。

雪にならず一安心でした。ともぞーです。

でも1日寒かったですね。今日は本当に一歩も外に出てない・・・

不要不急の外出以上に行動範囲狭すぎですw

土曜に食材ほとんど買い揃えてますからね。

ちなみに柏市場にちょこっと買い出しに行きました。市場は行くだけでも楽しいです♪

「これだ!」っていう食材はありませんでしたが、ハマグリが比較的安かったので購入してきました。

BBQでもなければ家で浜焼きもできません。いつも酒蒸しでは面白くありません。

なんか簡単で美味しく食べれる調理法はないかと模索中です。

本日のハマグリ

柏市場で購入です。

K=1600円。

ひな祭りごろの時期にはK=2200円くらいするか?

まあこれから旬な割にお買い得価格です。

10個入りです。サイズ感を頭に入れておきたいので実際に測ってみる。

ほぼ1Kですね!1個100gです。なんとなくわかってきた。このサイズはちょっと大きいと思えるサイズです。もう少し小さくて数があってもいいかもです。

本日のハマグリ調理 煮ハマグリ

煮ハマグリといえば江戸前寿司の定番だ!

イメージで作ってみる。

今回は自己流ですので詳細は書きません。調理法が固まったらまた紹介します。

先ずは貝割でハマグリを開いていきます。これが非常に難しい💦

ピッタリ閉じられると貝割が入っていきませんよ。

その場合、暗闇で放置です。

ちょっと開きます。

旨く開くと意外と中は汚れてますね。

綺麗に取れました。綺麗に洗って汚れを取りましょう。

30秒ほど茹でます。出汁がすごいですよね。

茹で上がったハマグリを開きます。まだちょっと半生か。

そして開くのが思った以上に難しい。綺麗に開くにはそれなりの技術が必要そうです💦

さらに黒い内臓を取り除きます。

ある程度綺麗になりました。

ここから煮汁を作ります。

下茹でしたハマグリの煮汁に砂糖、出汁(今回はにんべんの白だし)、煮切り醤油でバランスを整えます。あくまで薄めのイメージです。

沸騰した出し汁でさらに火を入れるイメージで作りました。

食べるときはペーパーで余分な水分を拭き取ります。

そして、作り置きしていたアナゴのツメ。

作り方に関しては、アナゴを買ったら紹介します。

日本酒といただきました。

食べてみた

作るにあたって硬くしないっていうのが目標でしたが、それはクリアしております。

柔らかいです。そして買いの旨味も逃さず満足のいく感じです。

ただ大きいものは少し磯臭さがありました。個体差かもしれませんが、もう少し日を通してもいいかもです。払いたくならないよね?

日本酒とのマッチングは最高です。いや旨すぎるぞ。

穴子のツメが最高に合いますね。

まとめ

煮ハマグリはなんだかんだ手間でした。

簡単に美味しいのは酒蒸しです。

でも苦労するだけの美味しさがそこにありますよ。

ともぞーとしても、もう少し完成度を高めて今後紹介で知ればと思います!

まだだ、まだ足りん。

今はそんなところです。

ハマグリはこれからが旬の貝です。今後もどんどん紹介していきますね!

それではまた明日ー!

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
ともぞー
千葉県在住。 趣味は釣り、お酒(日本酒)、やたら時間をかけて作る酒の肴。 でもご飯は手抜き。調味料大好き。 「今日より良い明日を」が今のところの目標です。