本日の一品

10日間かけて自家製ベーコンを作りました!

皆様こんちはー!

GWスタートです。

明日は月末酒場の予定ですので、今日から仕入れが忙しいともぞーです。

明日の一品として提供できるようにベーコンの仕上げです。

自家製のベーコンは手間が半端ないです💦

最初の工程から、実に10日後の仕上げとなります。

まあ半分放置なんですが・・・

自家製ベーコン

昔からちょこちょこと作っておりますよ。

自家製は本当に美味しい。

何よりも安心感がありますね。加工肉ってけっこう危険と言われてますから。

亜硝酸ナトリウムとか・・・

自家製ならば基本は塩のみ。安全すぎるぞ!

写真は以前作ったものです。最高に美味かった。

自家製ベーコンの作り方

材料です。あくまでも参考としてください。

材料

豚肉(バラや肩の塊肉)・・・500g前後

塩・・・肉の4%

砂糖・・・塩の半分

お好みのハーブ

工程

塩漬け・・・1〜2週間

塩抜き・・・10時間

乾燥・・・1〜2日間

熱乾燥・・・70℃程度で1〜2時間

燻製・・・70℃程度で2時間

このように時間と労力はそれなりな感じです。

でもね、作り終えた時は、達成感とともに今まで食べていたベーコンって?てなりますよ。

では作っていきましょう!

豚肉の塩漬け

まずはここからです。

今回はバラブロックです。大きなブロックを仕入れました。

4%ですので53gです。

ざっくりで大丈夫です!今回は岩塩を使用です。

肉にフォークで穴を開けてきます。

なお万全を期すために、調理器具などの消毒や手袋など徹底しましょう。

まな板などは消毒!

手袋もできればしたいです。

塩をかけてきます。

手でしっかりと擦り込んでいきます。

ジップロックに入れて冷蔵庫で放置です。

ちなみに今回のハーブはブラックペッパーとオールスパイス。

そしてローリエです。

ブラックペッパーはすり潰すのが大変です。

これが本当に役に立ってます。

豚肉の塩抜き

肉の大きさにもよりますが、なるべく大きい鍋などで塩抜きします。

今回は大きすぎる肉のため、こちらで塩抜き。

もちろん衛生面は最新の注意を払いましょう。

一回水に浸して、10分程度おいて新しい水に変えてます。

そこから8時間程度で水換え。さらに2時間塩抜きして合計10時間。

10時間が正解ではありません。

8時間程度で一度味見してください。

フライパンで焼いて味見です。ここで塩気を感じたら、塩抜き続行です。

味が薄くなるまでやってください。美味しかったらNGです。


乾燥

これは簡単です。

ピチットシートに包んで放置です。

ピチットシートを巻いて、ラップでさらに包む。

2日間放置です。

いい感じで脱水してます。

乾いてますね!これで乾燥は終わりです。

燻製

まずは空焚きで熱乾燥をさせていきます。

70℃くらいで1〜2時間。

今回は時間がないので1時間です。

さらにウッドで燻製していきます。

約2時間の工程です。

今回はヒッコリーを使用。

ピートを乗せれば最高にスモーキーなベーコンに仕上がります。

今回はスモークウッドで作成です。

ともぞーは、温度が上がらない場合はちょっと加熱して温度を上げてます。

出来上がり

 

いい感じに仕上がりました!

反対側もバッチリか?

すぐに食べたい欲求を抑えて一日放置です。

これでえぐみが消えますよ。

だから食べてみたの記事は明日になりますね。

明日は月末酒場。

なんとか提供できそうです。



まとめ

時間はかなりかかりますが、基本ほとんど放置でできる自家製ベーコンです。

もっと短時間でできるレシピもありますが、これぐらい時間をかけた方が旨さが違う気がします。

最新の注意を払って作ってみてください。

食べた時にはそれなりの感動があると思います(大袈裟か?)

塩やハーブにこだわり始めたら、沼にはまったと自覚しましょうw

でも時間に余裕のある連休に合わせて作るのって楽しいですよ。

それではまた明日ー!

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
ともぞー
千葉県在住。 趣味は釣り、お酒(日本酒)、やたら時間をかけて作る酒の肴。 でもご飯は手抜き。調味料大好き。 「今日より良い明日を」が今のところの目標です。